ブログ・コラム

記事詳細

「~ドキドキ感~」

~ドキドキ感~

 

「意中の彼とデートするのに最適な場所は、遊園地」

うん十年前、私が大学生の時に、心理学の授業で聴いた。
当時、教授が学生の興味を引くために、授業の導入として話してくれたと記憶している。

なぜ、遊園地でデートするとよいのか。

 

遊園地のアトラクションのドキドキ感


恋愛のドキドキ感

 

 

両者は似ているので、脳が、アトラクションに起因するドキドキ感を恋愛感情に起因する

ドキドキ感と勘違いしてしまう、というのである。

 

簡単に言えば、遊園地では、特に好きでもなかった人を、脳が勘違いした結果、

好きになってしまうことがあるということである。

 

以上は、不貞の相談を聞いていると、たまに思い出すことである。

不貞は、民法上は違法な行為であり、一般的には配偶者に対する背信的な行為である。

それ故、罪悪感に起因するドキドキ感があると思われる。
このことが脳の勘違いをもたらす結果、不貞はエスカレートしがちなのかもしれない。

不貞に対する法的な抑制が、心理学的には不貞を促進することになるというのは、

皮肉なことである。

もっとも、このことは不貞に限ったことではない。
婚姻についても、ドキドキ感だけで結婚すると、後悔が生じやすい。

 

「こんな人だとは思わなかった」という抗弁は、離婚において通用しない。

 

いずれにしても、ドキドキ感には用心した方がいい。

 

弁護士 大池

この記事をシェアする
Share on Facebook
Facebook
0Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Google+
Google+
0

TOP