借金問題・過払い金回収

借金問題・過払い金回収
イメージ

ご相談案件

  • 過払い金請求
  • 任意整理
  • 自己破産
  • 個人再生

ご相談事例

  • 過払い金の有無を調べてもらうことはできますか。
  • 過払い金の回収だけお願い出来ますか。
  • 借金の返済で生活が苦しいので、返済条件を変更したいのですが。
  • 借金の返済のめどが立ちません。どうすればよいでしょうか。
  • 住宅ローンなどの借金返済が苦しいのですが、自宅は手放したくありません。方法はありますか。

解決のみちすじ

過払い金返還請求

消費者金融などから長期にわたって借入をしている方の中には、法定利率を超えた利息を支払い続けてこられた方がいらっしゃいます。この払いすぎた利息(「過払い金」といいます)を返還するよう求めるものを過払い金返還請求といいます。
平成22年以前には、利息制限法を超えた金利(「違法金利」といいます)で貸付を行ってきた消費者金融が多数ありました。違法金利で長期間支払い続けていた場合、借入金に過払い金が充当され、それでも余剰がある場合は、過払い金として返還を求めることができます。
また、過払い金の調査自体は、任意整理・個人再生・自己破産、いずれの場合でも同時並行して行います。

任意整理

任意整理は、各借入先との間で、毎月の返済金額を減額したり利息をカットするなどの約束を個別に取り付け、約束に沿った返済を継続していく手続きです。破産や民事再生と異なり、裁判所の関与はありません。
借金の返済が見込める方で、破産や民事再生などの手続きを選択出来ない場合に利用します。

自己破産

主に、借金の返済のめどが立たなくなり、生活を立て直して再出発を図りたいという場合に利用する手続です。裁判所に申立をして、破産手続きの開始を決定してもらい、残りの借金は免除してもらう(「免責」といいます)ことを目指します。
財産のない方で、免責にも問題(浪費・ギャンブルなど)のない方は、破産手続開始の決定と同時に破産手続きを終了し、免責手続に移ります。
一方、財産のある方や、免責に問題のある方については、破産管財人が選任されます。破産管財人は、財産の有無や破産に至るまでの経緯を調査し、財産をお金にかえて債権者へ配当する手続などを行います。

個人再生(小規模個人再生、給与所得者等再生)

裁判所に再生計画案を提出し、裁判所の認可を得て、その計画に基づく返済をすれば、残りの債務が免除される手続です。主に、安定した収入がある方で、住宅ローンのある自宅を残しつつ借金を整理したいという方に向いた手続です。

当事務所は、個人の方の借金に関するご相談は、無料で対応させていただいております。
借金を整理したいと思われている方に対しては、借り入れの総額、収入、財産、家族関係など、状況を詳細にお伺いしたうえで、最善となる手続きをご提案します。過去の借り入れの状況を調査することにより過払い金があることが判明することもあります。
もちろん、過払い金の調査だけでもうけたまわります。当事務所は、過払い金返還請求につき、消費者金融との交渉や裁判を多く手がけてきた実績があります。
借金などのお悩みはおひとりで抱え込まず、ぜひお気軽に当事務所にご相談ください。

TOP