ブログ・コラム

記事詳細

「不吉な・・・?」

こんにちは 事務員Mです。

 

本格的な梅雨、洗濯物の悩みが日々つきまといますね。

何日か前、寝る前にカーテンをしめようとした時、目に飛び込んできました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなに赤い月を見たのは初めてでした。

不気味な程に赤かったです。

赤い月は不吉なものというイメージがあります。地震の前兆だと言われることも・・・。なので、とうとう大きな地震がやってくるのかと、不安な気持ちも少し抱きましたが、いやいや!!この現象は科学的に証明されているはずだと思い、インターネットで調べてみました。

 

 

すると、なんとも安心できる回答がありました。

月が赤く見えるのは朝焼け夕焼けが赤く見えるのと同じ理由なのだそうです。

光は、虹として見たことがあると思いますが、青色から赤色までの

いろいろな色が混ざって白っぽく見えます。

月の光が私達の目に届くまでの間、大気中の様々な分子にぶつかり、

青い光は散乱し、赤い光のみが私達の目に届いて、月が赤く見えるのだそうです。

 

不吉な前兆ではなくて良かった。

でも、夕焼けはいつも赤くみえるのに、なぜ月は時々なのでしょう…。

 

この記事をシェアする
Share on Facebook
Facebook
0Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Google+
Google+
0

TOP